トピックス

小中高の英検・英会話なら京都・高の原にあるLEAD(リード) ホーム > トピックス

2016年度第1回の英検変更点について まとめ

2016年6月5日

 

英検コース準2・2級クラス写真

受講生の皆さんには、授業などでお知らせしましたが、

今回の6月英検から変更される試験内容・評価の方法についてまとめます!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1:4技能の分野ごとの合格基準が設けられる

→ リーディングが満点でも、リスニングが合格基準に達しなければ不合格。

Reading, Listeng, Wrting(2級~)セクションごとに問題数は違いますが、全て750点ずつになります。

★より厳しい合格基準で、バランスのとれた英語力を求められます。

★全てのセクションの問題を活用して、英語力をバランスよく伸ばしていけば問題はありません。

★ライティングのある2級以上では特に、時間内に全てのセクションの問題を解き終えられるように注意が必要です。

英検公式資料1(ページ内の1)

 

2:合否判定が点数でなく、スコア判定になる → 素点ではないので、自己採点での合否判定ができません。

★ただし、問題の難易度や合格レベルに変更はありません。

★得点で自己採点をして、これまでの合格点を越えているか確認しましょう。

英検公式資料1(ページ内の2,3)

 

3:1, 準1, 2級のライティング形式

★自分の意見を論理的に話す形式になり、文字数が増えました。

★具体的な問題を、リンク先の公式資料から確認しましょう。

★二次試験の面接で話す内容をヒントに、時間内にとにかく「書く」練習を重ねましょう。

英検公式資料2 (p.4~6)

 

4:2級, 準2級の長文の空所補充問題の選択肢

★選択肢が1語から2語以上に変更されます。

★より文の流れを読む力を試されます。論理的に話の流れをつかむ練習をしましょう。

英検公式資料2 (p.6)

 

5:4, 5級のスピーキングテスト(任意)

★合否はないので、積極的に受けて、話す力を試しましょう。

英検公式資料2 (p.2, 7~8)

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

試験が変わるよ~と話すと、たいてい「えぇ~~!!」という反応が返ってきますが(笑)、

より自分の英語力をよい形で伸ばしてくれる試験に進化しているなと感じます。

皆さんも、英検の進化に追いつけ・追い越せで、頑張りましょう~!♪